家庭用脱毛器は以外と便利!

ワキ脱毛の方法は、脱毛サロンが最もポピュラー。
次は、脱毛クリニック、最後は家庭用脱毛器です。

脱毛機のメリット

①いつでもどこでも24時間利用!

脱毛サロン・クリニックは”●月●日の●時に”と予約をする必要があります。

※時間&交通費などがかかります。

また、生理や風邪などでキャンセルした場合は、キャンセル料金を取られるデメリットがあります。

ですが、脱毛器なら、自宅で手軽にできるため、多忙な人向けの脱毛法といえます。

※看護婦さんやコールセンター業務など変則スケジュールの人に最適です。

②家族で使いまわし

脱毛サロンは1人ずつ施術をして、料金も当然人数分かかります。

家庭用脱毛器は、姉妹や親子など共有で使えます。

③男性でも使える

意外ですが、最近は男性でも脱毛(※ヒゲ)する人が増えています。
そのため、同棲中の彼氏と一緒に使うのもありかも?

脱毛機のデメリット

①やや割高

脱毛サロンのほうが安いです^^;

ミュゼは500円で”ワキ+Vライン脱毛が無制限”なので、69,990円(税込)するケノンなどの脱毛器よりかなり安いといえます。

※カートリッジの交換も必要なので

ただし、ワキ脱毛以外、例えば、腕やヒジ下、ひざ下など他の部位も一緒にやりたい!
という人は脱毛器をおすすめします。

②施術が荒くなる

エステサロン、クリニックはスタッフさんが脱毛をしてくれるため、キレイに仕上がります。

ですが、脱毛器は自分でやらないといけないため、仕上がりがイマイチになる恐れがあります。

③手が届かない箇所がある

両ワキや腕、足など手が届く部分は問題ないですが、背中やうなじなどは一人では無理です。

※ただし、家族にやってもらえるなら別です。

④肌の保湿を忘れずに

脱毛の施術部位は暖かくなり、熱がこもるため、”肌の保湿”や”クールダウン”が必要です。

サロンやクリニックではやってもらったり、アドバイスをもらえますが、脱毛器の場合は自分の勝手な考えでそのままにする恐れがあります。

家庭用脱毛機器ランキング

ランキング1位ケノン

脱毛器ケノン

【特徴】

  • 超スピード脱毛!驚異の照射回数132,000発
  • 1ショット0.05円とコスパ最強!
  • 世界最大級の照射面積(3.5cm×2.0cm)でワキをラクチン脱毛
  • 業界最大出力の脱毛器(マックスパワー1発&超高速6連射)
  • 照射レベルを調整可能♪残り回数も確認できる
  • 姉妹・母娘で共用できちゃう♪

ケノン公式サイト